富士五湖ドライブツアー2日目

 2013年4月16日(火)、河口湖を出発し、本栖湖・西湖・精進湖を経て山中湖に向かいました。

ツアー記録

本日旅の流れ

4月16日
(火曜日)

 リゾート河口湖(09:00)ー>本栖湖(09:30)ー>芝桜まつり (10:20)ー>西湖いやしの里根場(12:00)ー>富岳風穴 (12:45) ー>鳴沢風穴(13:20)ー> 北口本宮富士浅間神社(14:15)ー>昼食は吉田うどん(14:20)ー>道の駅富士吉田(15:20)ー>リゾート山中湖(16:00)

河口湖 〜 山中湖

 朝起きたら、本日も晴天。食事の前に近くを少し散歩をした。宿舎の目の前にはゴルフコースが開けている。今泊まっている貸リゾートでは、このゴルフコース3000円でプレーできるそうだ。朝から主婦中年女性がたくさん来ていた。
 8時からゆっくりと朝食をとる。パンコーヒーヨーグルトその他飲料は宿舎から出るが、サラダは出ないので、昨日MAXVALUで調達した野菜鶏サラダを一緒に食べた。貸別荘は基本朝食だけはでるが、夕食含め不足しているものは自前で調達しなければならない。コンロ、レンジや調味料、食器などは一揃いはあるので、普段通りに料理はできる。後片付けはざっと洗っておけば、チェックアウト後、別荘スタッフが片付けてくれるのでお手軽だ。
 9時15分に河口湖の宿舎を出発した。今日は本栖湖、精進湖、西湖を巡って山中湖の貸リゾートに進むスケジュールを立てている。

 まず最初は、本栖湖で1000円札に映っている富士山と同じ場所から撮影する目的で、逆さ富士の見える場所での撮影も行った。北側から撮った逆さ富士はそれなりに撮れたが、数分後に西側にある千円札裏側と同じ位置からは残念ながら湖面に映る富士の姿は撮れなかった。
 次は本栖湖から出て直ぐの国道139号線右側に「富士芝桜まつり」が行われている会場に寄った。3分咲きであったが、芝桜を観賞し、甲府もつ煮も食べてきた。  満開になれば8万株の芝桜が富士山を背景に綺麗に咲くとのことだが、雰囲気だけは味わえた。
 西湖では「いやしの里 根場」という古民家が連なる町並みでいろんなものを展示したり販売したり飲食できるのはなかなか素敵だ。古民家のそれぞれで、和の伝統様式にのっとった展示や即売が行われており、本来数時間かけて観る会場だがお昼も近くなっていたので30分ほどで出場した。桜が満開で美しく、古民家や川の流れなどがあり、癒される場所だった。
 次は富岳風穴と鳴沢氷穴。入場料は割引で各250円だが、先に観た風穴の方が感動した。わずか地上から20mほど降りるだけで氷の世界で天然の冷蔵庫になっていた。
 富士吉田市内で名物「吉田うどん」を食べたかったが、時刻は既に1時30分に近い。今即ぐに出かけても、ほとんどの名店が午後2時クローズなのでこちらも諦めた。
 北口富士浅間神社本宮に参拝し、境内のすぐ隣にある浅間茶屋で山菜吉田うどん、カレーうどんと甲府モツ煮をふたりで食べた。吉田うどんは前評判通りコシが強く、量も相当あったので、昨日お昼のほうとうと同じく腹持ちが良い。今夜遅くなっても腹は空かないかもしれない。チト心配である。
 その後の予定は忍野八海と花の都公園だったが、食事を終わったのが3時を廻っていたので、これは次回旅行の楽しみとした。途中、道の駅「富士吉田」に少し寄ったが、このまま、まっすぐ山中湖畔にある「サンダンスリゾート山中湖」に向かう。
 今夜の貸し別荘「山中湖」はメゾネットタイプ。地階が寝室、2階がリビングになって広さは十分だが馴れない形式で、衣料食料などで余計な階段往復が多くなった。
 案の定、暗くなってもお腹はすいてなくて、忍野村まで出て、スーパーマーケットで鳥もつ炒め、姫竹鱈の芽天ぷらなどをつまみながら自宅から持ってきた貰い物の発泡酒「麦とホップ」ざんまい。ツレアイはかきめしと惣菜を買ってきて食べた。
 明日は、御殿場方面に向かって東名高速を使って戻る予定。
 
 

旅のミニ知識

富士芝桜まつり

 2008年から始まった富士芝桜まつり。富士本栖リゾートに突如現れた芝桜のじゅうたんです。園内の竜神池に映る逆さ富士も見事。場所は山梨県南都留郡富士河口湖町富士本栖湖212 富士本栖湖リゾート内で本栖湖畔ではない


やすらぎの里
根場

 西湖いやしの里根場(さいこいやしのさとねんば)は、山梨県南都留郡富士河口湖町にある野外博物館である。かつて当地にあり、台風災害で移転した集落の跡地に茅葺民家を復元したもので、2006年(平成18年)に開園した。
 本沢川の両岸沿いに20棟の茅葺民家が立ち並ぶ。茅葺民家はそれぞれ土産物店やそば処などの店、工芸品等の展示、体験コーナー、根場集落の災害について記録した砂防資料館などとなっている。


富岳風穴

 昭和初期までは、蚕の卵の貯蔵に使われていたという天然の冷蔵庫!国の天然記念物にも指定されています。
 総延長201m、高さは8.7mにおよぶ横穴で、内部は不思議と音が反響しません。これは壁の玄武岩質が音を吸収する性質をもっているためです。所要15分の見学コースでは、夏でも溶けない氷柱や、溶岩棚、縄状溶岩などが見られます。


鳴沢氷穴

 鳴沢氷穴(なるさわひょうけつ)は、山梨県南都留郡鳴沢村に立地する溶岩洞。総延長156メートル、幅1.5-11メートル、高さ1-3.6メートル。1929年(昭和4年)12月17日に旧文部省により天然記念物に指定された。内部は非常に低温で、年間の平均温度は摂氏3度程度である。地下21mの「木の池」では、氷柱や玄武岩質溶岩群を見ることができる。竪穴環状形の形状になっている。
 氷穴内には氷の貯蔵庫がある。この貯蔵庫は、かつて江戸時代には献上するための物品として、大正時代には冷蔵庫の氷など、様々な用途で使われていた。現在は用途が無いため、毎年冬に四角い氷を作り再現している。


北口富士浅間神社本宮

 北口本宮冨士浅間神社(きたぐちほんぐうふじせんげんじんじゃ)は、山梨県富士吉田市上吉田にある神社。拝殿左右にある夫婦杉と太郎杉が厳かさを感じる。


初日アルバム87枚

下の拡大写真やスライドショーが楽しめるミニアルバムに入っています。


朝食は食堂で

食堂から庭を眺める

ロビー

朝の散歩に出かける

昨日は200Km奔った

本栖湖で逆さ富士

この辺りが千円札裏側
と同じ場所になる

本栖湖の近くで寄る

残念ながら未だ3分咲き

オータムローズ

多摩の流れ

マックダニエルクッション

リトルドット

スカーレットフレーム

富士山と芝桜

満開になると綺麗に
なりそうだ

甲府鶏モツ煮
をつまむ

会場とお別れ

精進湖到着
小さな湖です

精進湖マンホ

西湖いやしの里 根場

桜が満開

瓢箪はたけ

古民家が十数軒あった

桜と民家と川

ゆっくり 花見

みつまたの花

西湖も一周してきた

西湖(旧足和田村)のマンホ

富岳氷穴に入場

実は松ぼっくり

いよいよ入場

少し潜っただけで氷温

天然の冷蔵庫です


鳴沢にも行ってみた

すべらないように注意書です

富岳のほうが感動は大です

富士浅間神社到着

夫婦杉と

太郎杉
こちらで遅い昼食

またも甲府もつ煮

つれあいは
カレーよしだうどん

dachs飼主は
山菜よしだうどん

つつじが咲き始めました

道の駅富士吉田

富士レーダードーム館

山中湖の富士景色

山中湖マンホ

水陸両用バス出発

スワン号

カババスが湖面をはしる

同上陸(湖上含め約30分)

結局、翌日も乗車せず

サンダンス山中湖

本日最後の富士山

宿舎の様子

今夜の夕食ビールのつまみ