ダックス飼主の坂東観音2回目巡礼

納経帖のページ一覧

坂東33観音巡礼二回目

 令和元年7月30日(火)、軽井沢2泊3日避暑ドライブの途中で坂東三十三観音武蔵の国の一部を巡礼してきた。

巡礼行程の記録

 自宅(9:00)ー>9番慈光寺(12:30 107Km)ー>10番正法寺(13:35 129Km)ー>武蔵野うどん(14:00 130Km)ー>11番安楽寺(14:50 141Km)


初回は相模の国へ

 突然決まった軽井沢2泊3日は朝9時自宅から出発で決まった。最近関東中部東海東北など自宅に近い観光地は殆ど観に行っているので、急いでいっても仕方がない。初日の今日は昨日決意した通り、坂東33観音の武蔵の国札所である9番慈光寺、10番正法寺、11番安楽寺を参拝してから軽井沢に向かおうと決意した。お寺は埼玉県ときがわ町、東松山市と吉見町なので、16号経由一般道で行っても12時半には到着するので高速不使用で行くことにした。幹線16号といえど、柏・春日部・大宮近辺で渋滞した。が以降はスムーズで、予定通り最初の札所「9番慈光寺」まで107キロを走って、12時37分に到着した。
 朱印受付は12〜13時休みなので少し待った。そこから10番正法寺(岩殿観音)、11番安楽寺(吉見観音)と廻る。やはり、坂東33観音のお寺は歴史があり、普通の寺社よりひときわ荘厳な感じを受けた。
 時刻が午後2時前になっていたので、岩殿観音参詣後で見つけた武蔵野うどんのお店に立ち寄った。全品820円の腰のある饂飩だったが、嬉しいことに、天婦羅、麺、ご飯が食べ放題で、天婦羅も野菜を中心に10種類以上あり、天つゆ、カレー、ご飯もあったので、定番の天婦羅うどん以外にカレーライスや天丼なども好き放題食べられる。こんな店が近くにあれば嬉しいな、と思った。食事が終わったのは3時前になっていた。最後は、11番安楽寺(吉見観音)にお詣りしてきた。3か所しか回れなかったが、この後は軽井沢に向かう。

納経帖とミニガイド

ご朱印御歌
第九番 都幾山 慈光寺
  • ご本尊と通称・宗旨・地域 十一面千手千眼観世音菩薩・天台宗・埼玉県ときがわ町西平
  • 特徴1 宝亀元年(770年)道忠が開山となって創建 1300年の歴史
  • 特徴2 静かな趣をたたえた木立深き寺
  • 特徴3 花の聖域 しゃがの群生が美しい
第十番 巌殿山 正法寺
  • ご本尊と通称・宗旨・地域 千手観世音菩薩・真言宗智山派・埼玉県東松山市岩殿
  • 特徴1 養老2年(718年)、沙門逸海により開山
  • 特徴2 源頼朝の妻、北条政子の守り本尊
  • 特徴3 樹高は約25メートル、根周りが約11メートルの大銀杏
第十一番 岩殿山 安楽寺
  • ご本尊と通称・宗旨・地域 聖観世音菩薩・真言宗智山派・埼玉県吉見町御所
  • 特徴1 奈良時代の僧行基が聖観音像を安置したのに始まる
  • 特徴2 吉見観音は毎年6月18日に厄除観音会が催される
  • 特徴3 よろず願い事が叶う、パワースポット

巡礼アルバム

軽井沢避暑190730アルバムに入っています。